ふくらはぎのむくみについて

20代前半、立ち仕事をしていた頃、脚のだるさとふくらはぎがパンパンになっている感覚がありました。

帰宅して靴下を脱ぐとくっきりと靴下の跡がついていました。むくんでいるなと思いながら、食事などを済ませて再び脚を見ると、まだ靴下の跡が残っていました。

数日後、試しに加圧靴下を買い、寝るときにはいてみましたが、窮屈に感じたのか夜中に脱いでしまっていました。それでも何もせずに寝た日よりはむくみがおさまっていました。

むくみが落ち着いたのは嬉しかったのですが、窮屈さが気になり毎日はくのが億劫になったので、次に足のマッサージを試しました。

入浴後、足の裏にマッサージクリームを塗り、適当に痛いところを揉みほぐします。足首からふくらはぎへと擦るようにマッサージをしてから眠ると、翌朝脚がとてもすっきりしていました。

マッサージの効果は抜群でしたが、毎日の脚のマッサージで手が疲れてしまうので、青竹踏みのように踏んで足つぼを刺激するグッズを買いました。

入浴後に歯を磨く間に踏んでから眠ると、翌朝マッサージをした時くらいすっきりしていました。

加圧靴下とマッサージは私には続けられませんでしたが、踏んで刺激する足つぼグッズはいちばん無理をせずに効果が表れたので、現在もむくみを感じた日には踏むようにしています。

You Might Also Like